LINEで送る
Pocket

いい出会いは、いい別れから

いい出会いをしたいけど、少し面倒に感じる。いかにも出会いを求めている感じが出てしまうのは嫌だ。など、やらない理由ばかり浮かんできて人はなかなか動き出せないものです。

ではどうやったら前向きに出会いを求めていけるのでしょうか。それは、別れにヒントがあります。出会うということは、別れがあるということ。別れのうまさが出会いのうまさにつながるのです。

SNSやアドレス帳の断捨離で、お別れトレーニング

別れをうまくするといっても、突然友人に別れを切り出したりして練習するということではありませんし、すべきでもありません。

それよりももっと手軽に、この記事を読んだ後すぐにできる方法があります。それは、SNSやアドレス帳を利用する方法です。

最低限の人しか、登録していないという場合はよいのですが、多くの場合は、もう連絡をとることが無い人や、顔が思い浮かばない人なども登録されているのではないでしょうか。

そういった名前を消していくことも、ひとつのお別れですので、これを利用してお別れのトレーニングをしていきます。

名前に紐づいている記憶も断捨離をする

SNSやアドレス帳を断捨離をすることは、ただデータが消えるだけでなく、無意識の中に残っているつながりを断つことでもあります。

名前を見ても全く顔を思い出せない人もいるでしょうが、一緒に遊んだ思いでや、共にやり遂げたこと。あるいは、フッたりフラれたりした思い出が浮かびあがってくるのではないでしょうか。

そのように、すべてつながって収納されているのが記憶です。名前はそういう一連の出来事を思い出す「キー」になっているので、電話帳から消すということは、名前と紐づいている記憶も含めてお別れしていくということです。

お別れのポイントは感謝すること

消去する時に大切なのは、感謝しながら消すということです。別れに感謝することができれば、その出会いを生んだ自分をいたわることにもなります。また、終わりに感謝できるということは、始まりにも感謝できるようになるのです。

といっても、嫌な思い出ばかり浮かんできて、感謝なんてありえないという場合もあると思います。もし、嫌な思い出だからといって、恨みなどネガティブな気持ちで消去したとすれば、嫌な気持ちのままずっと無意識を漂ってしまうのでよくありません。

幸いにも記憶のなかの出来事は新たな角度から捉えなおすことができます。嫌な出来事があったからこそ、学べたことがあるはずです。そのことに対して感謝することで、嫌な気持ちと置き換えてしまいましょう。

まとめ

別れがうまいということは、別れに感謝できるということ。別れに感謝できるということは、出会いに感謝できるということ。そして、出会いに感謝できれば、いい出会いを引きよせることができるでしょう。ぜひ実践してみてください。

LINEで送る
Pocket

SPONSORED LINK